転職エージェントを利用した転職のメリット・デメリット【転職ノウハウ】

2021年9月10日

転職エージェントにはどんなメリット・デメリットがあるの?

転職を考える際に、自力で転職活動を進めていくか、

エージェントサービスを利用するかで迷う場面があると思います。

今回の記事では転職エージェントサービスのメリット・デメリットを

紹介します。

広告

エージェントのメリット

・豊富な転職ノウハウの提供

・希望する業界・職種の非公開求人の紹介

・希望企業との仲介調整サービス

・履歴書添削、面接対策、日程管理支援

・退職交渉支援

・無料で利用ができる

長年の転職支援で培ったノウハウ

代表例として上記のような事が挙げられます。

最大のメリットとしては、履歴書添削や面接対策の支援が挙げられます。

膨大な企業とのやりとりの中で培われた転職ノウハウを用いての、

履歴書添削や、面接対策は独自で転職活動を進めているライバルと

比較して大きなアドバンテージとなります。

また、電話やWEBを用いた面談を行い、希望職種や転職理由など

詳細のヒアリングを行ってからサポートを始める為、

自分のイメージと全く違う職業を紹介された、

望んだサービスと受けられない。といったトラブルが少ないことも

魅力の一つです。

企業との調整や連絡の仲介

もう一つの利点は、希望企業との連絡の仲介です。

面接の日程調整や事前の質疑応答等、企業とのやり取りが必要な場面で

本人の代理として企業との交渉、調整を仲介してもらえるサービスです。

日程変更の依頼や、給与に関しての質問、内定の辞退など、

直接、企業担当者には伝えづらい事も、仲介して先方に伝えてもらうことが

出来ます。

聞きづらい内容についての質問をしっかりとフォローして貰えることで、

転職先への不安もなくなり、スムーズな転職活動を行うことが出来ます。

退職交渉支援

意外なサービスとして、内定獲得後の現職企業との退職交渉の支援というものがあります。

内定を獲得して、いざ現職の企業に退職の意思を示したときに、すんなりと受け入れてもらえない

場合もあります。

その際に、退職交渉についてのアドバイスや、サポートを行って貰えるサービスです。

確実な実績からのサポートはやはり心強いものがあります。

エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリットとして、大きな項目はありません。

無料で利用できる上、かなり高度のサービスを受けることが出来ます。

転職を決意した場合、使わない理由はありません。

しかし、あえてあげるとすれば、転職をするかしないか迷っている場合には

登録はオススメできません。

転職エージェントは非常にアクティブな動きをします。

アンケートの入力や、エージェントとの面談アポイント等は、

かなりの頻度で連絡してきてもらえます。

「転職を迷っていて、少し味見程度に転職先を見て回っている」程度の

段階では、逆にサービスの対応が面倒くさく感じる場面があるかもしれません。


広告

まとめ

今回の記事では、転職エージェントのメリット・デメリットについて

紹介しました。

転職を決意した方にとっては、ほとんどメリットしかないサービスと

なっておりますので、是非登録を検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。


オススメ記事:転職するならいま動こう!コロナ禍転職のメリット・デメリットを徹底解説【転職ノウハウ】

この記事の投稿者
猫のみーちゃん

投稿者:d9

ゴルフ大好き中年サラリーマン。

副業ブロガーを目指して奮闘中。

お酒と猫をこよなく愛する男。