転職するならいま動こう!コロナ禍転職のメリット・デメリットを徹底解説【転職ノウハウ】

コロナ禍の転職に不安のある方、実は今がチャンスです!

コロナ禍において、転職は難しいと思っている方も多いと思います。

最初に述べておきますが、コロナ禍は転職するチャンスです。

もちろん注意するべき点もありますが、悩んでいる方はメリット・デメリットを把握した上で

転職活動を進めることをお勧めします。

この記事を読んでわかること

分かること

・コロナ禍で転職するメリット

・コロナ禍で転職するデメリット

・コロナ禍で転職すべきか

コロナ禍で転職するメリット

1)企業の質が高い

コロナ禍で求人を出している企業は、質が高い可能性が多いです。

求人をかける企業は、現在求人する余力のある企業や、地盤がしっかりしていてこれから成長しようとしている企業の割合が多いため、このような傾向になります。

逆に、今経営が傾いている企業は求人をかける余裕がないため、小さいリスクで転職活動を進めることができます。

2)ライバルが少ない

コロナ禍で転職を考えている人はかなり多いと言われていますが、実際に行動に移す人は少ないです。

理由は安定を求める人が多いからで、決意できる人は全体の1割程度と言われています。

つまり、平常時に比べて転職のライバルは少なく、内定をもらうのが難しい企業でも

チャンスが大きい時期にあると言えます。

3)面接形態も変わってきている

今までの面接は、直接企業に足を運ぶのが普通でした。

現在はコロナの影響もあり、WEB面接が一般的になっています。

WEB面接になることで、今まで遠方で足を運べなかった企業にも目を向けることができるようになります。

近場で面接を済ませていた方が、本当に行きたい企業の面接を受けることが可能になっています。

広告

コロナ禍で転職するデメリット

1)転職先の働き方が分からない

コロナ禍では、テレワークや時差出勤などを取り入れている企業が増えています。

働き方について、細かく求人に書いている企業は少なく、実際に面接を受けるまで

どのような働き方になっているか分からないケースが多いです。

この点に関しては、面接時に細かい説明をしてもらえるので、その時点で自分のイメージする

働き方と違うと感じた時は、辞退することも可能なので、分からないから応募しないではなく、

一度話を聞いてみることをおすすめします。

2)転職活動期間が延びる

企業が採用に慎重になっていること、WEB面談で合否の決断を出すことが難しいこともあり、

通常の転職の1.5倍程度時間がかかるケースが多くなっています。

長期間かかることを頭に入れて、早目に転職活動をスタートすると良いでしょう。

3)即戦力の求人が多い

コロナ禍以前からこの傾向が強まっていますが、現在の転職は即戦力の求人が増えています。

これは、以前の日本の雇用形態である終身雇用が見直され、今までのような年齢を尊重する働き方から、若年でも実力がある労働力を求められています。

その為、未経験でもOKという求人から、○年の経験必須という募集要項が増えており、即戦力でないと応募もできない企業の求人が多くなっています。

まとめ

コロナ禍だから安定を求める気持ちはわかります。

しかし、今が転職のチャンスだということも忘れてはいけません。

あなたが今働いている企業が今後も黒字経営を続けていけるか、あなたをずっと雇い続けてくれるかは、この状況下では誰も分からないと思います。

少しでも不安を感じる方は、今のうちから転職活動をスタートすることをお勧めします。

この記事の投稿者

投稿者:まゃち

愛知県在住 30才独身男性

ちゃり丸blogのシステム担当

転職ノウハウを展開中

最近の悩み:円形脱毛症になりました^^;