しっかりと休みを取れていますか?!休日出勤が多発する環境【転職ノウハウ】

2021年9月14日

休日出勤を常態化させることにメリットはひとつもない

日々仕事をする上で、時にはどうしても休日返上で

仕事をしなくてはいけない場面はあると思います。

そんなイレギュラーな休日出勤をこなした後、しっかりと休めていますか?

中には毎週休日出勤を行なっている方もいらっしゃると思います。

常態化する休日出勤は、過労の原因や、家族との時間の減少、プライベート時間の

減少などメリットはひとつもありません。

今回は、休日出勤が多発してしまうとりの環境についてご紹介します。

私たちは、仕事をするために生きているわけではありません。

今一度、自分の仕事環境を見直し、バランスの取れたワークライフを送りましょう。

広告

休日出勤を常態化させる環境

・業務の属人化

・慢性的な人手不足

・同僚との繋がりが希薄な職場環境

休日出勤を常態化させる周りの環境としては、

上記の様な事が挙げられます。

こちらについて一つずつ説明していきます。

業務の属人化

業務の属人化とは仕事においてその仕事においての専属人員を作ってしまう事です。

担当している人にしか業務内容がわからないとなると、連続した休日出勤の

予定が入ってしまったとしても、交代で勤務をし負担を分散させるということが

できません。

属人化しないということは、実際はかなり難しいことでもありますが、

会社全体として取り組むべき課題であることは、間違いありません。

慢性的な人手不足

慢性的な人手不足も個人への負担増大の大きな要因の一つです。

常に人手不足な環境であるため、助けを求めたくても求めることができず、

最終的に全てを自分で背負うことで、連勤による疲労やストレスによる

体調不良など、健康を害する可能性があります。

これは、現在の日本では多くの企業で言えることではないでしょうか。

現在の人員に適した業務量の見直しや、業務の棚卸しなどを行うい、

現環境の改善を行う必要があります。

現場を無視した、業務負荷については場合によっては非常に危険な状態に

陥ることがあります。無理をすることは絶対に避けましょう。

同僚との繋がりが希薄な職場環境

同僚との繋がりが希薄な職場環境も、休日出勤を多発させる原因の一つとなります。

先述の人手不足とも関係がありますが、自分のキャパを明らかに超えた時に、

助けを求められる場所がないことは、非常に危険です。

日頃から、上司や同僚とのコミニュケーションを積極的に行うようにしましょう。

常態化する休日出勤が改善されない時は

先述した、休日出勤を常態化させる環境は、その要因のほんの

一部ですが、実際に1人で改善することは非常に難しい事です。

会社そのもののシステムややり方を変更する必要や、

仕事内容をみんなで共有するために、一時的に業務負荷が

増大することも考えられます。

そう言った要因から、会社や同僚が改善に意欲を示さない場合は、

その職場を離れることも一つの選択肢です。

大切なことは、自分自身の健康や人生を狂わせない事です。

より良い仕事環境を求めて、転職活動を行うことは現代において

ごく当たり前の事となりました。

今までの常識を捨て、改めて周りをよく見てみることは

非常に大切なことです。

まとめ

人生100年と言われ始めた現代において、健康な体と心で継続的に働く

ということは、非常に重要な事となりました。

休日出勤の常態化は体の健康を害し、プライベート時間の減少で

心の健康も害する可能性があります。

自信の健康を守るためにも、自社の業務体系の改善。

もしくは、新たな職場探しを検討してみては如何でしょうか。


オススメ記事:定時で帰りたいから転職ってアリ?面接でうまく伝える方法も解説【転職ノウハウ】

この記事の投稿者
猫のみーちゃん

投稿者:d9

ゴルフ大好き中年サラリーマン。

副業ブロガーを目指して奮闘中。

お酒と猫をこよなく愛する男。