職場でのいじめにあったらどうする?!【職場の人間関係改善】

職場でいじめの標的になってしまったらどうしますか?!

広告

この記事でわかること

・いじめの種類

・いじめられた時の対処法

・いじめられないためのポイント

コンプライアンスが重要視されるようになった昨今ですが、

職場での、上司や同僚からのいじめはなかなか無くなりません。

今回の記事では、職場でのいじめに悩んでいる方に、対処法について学び、

いじめから抜け出す手助けができればと思います。

職場でのいじめ

いじめの種類

・パワーハラスメント

・モラルハラスメント

・セクシャルハラスメント

代表的ないじめの種類を3点取り上げました。

それぞれについて、特徴を紹介します。

パワーハラスメント(パワハラ)

上司、先輩といった立場上の力を利用して、相手に無理難題や

理不尽を強制させる事です。

職場においては、達成不可能な目標や業務指示を強制させる事、

他者に見える場所での長時間の叱責、意図的に仕事を与えないなどが該当します。

モラルハラスメント(モラハラ)

言葉や態度で相手を精神的に追い詰めていく事です。

相手の尊厳を傷つける言動や、集団での無視、

すべての事に対して否定的な対応をとるなどが該当します。

セクシャルハラスメント(セクハラ)

性的な言動をとることにより相手に不快感や、恐怖を与えることです。

特に異性に対しての言動において多く見られます。

セクハラの定義は難しいですが、相手が不快感を感じる言動は、

セクハラとして認定されることがあります。

いじめられた時の対処法

いじめを受けた際は、じっと我慢することは絶対にあってはいけません。

いじめを受けている側が我慢をするメリットはなく、

自然といじめがなくなることもありません。

しっかりと対策を行い、環境の変化を促しましょう。

なんでも相談できる相手を見つけましょう

いじめを受けて一人で立ち向かうことは非常に難しいです。

すべてを一人で抱え込むことは絶対にしてはいけません。

精神的にも肉体的にも不安定な状態では、何も解決できないからです。

社内の同僚や、家族、友人などに状況を打ち明け、

相談して心の余裕を作れる人を必ず見つけましょう。

毅然とした態度で立ち向かおう

理不尽な理由によるいじめを受けているのであれば、

立ち向かっていけない理由はありません。

毅然とした態度で、いじめをやめるよう言いましょう。

社会人として、はっきりといじめの指摘をされた相手は

恥ずかしくて堪らないはずです。

相手が開き直ってきても、あなたは正々堂々と立ち向かいましょう。

なぜいじめられてのか分析しよう

前項2つも重要なことですが、ここが1番重要です。

自身がなぜいじめられたのかを冷静に分析してみましょう。

自分の言動や態度が、知らないうちに相手を不快にさせていなかったか?

自分が会社で孤立するような行動を普段していなかったか?

一度自分自身を見つめなおしてみる事も、今後いじめを受けないための

立派な対処法です。

広告

まとめ

今、いじめを受けている方は、一人で抱え込むことは絶対にせずに、

誰かに相談をしましょう。

あなたの味方になってくれる人は必ずいます。

そして、逃げるのではなく、毅然と立ち向かうこともとても重要です。

しかし、簡単に言っても、なかなか行動には繋げることは難しい場面も

多くあると思います。

その際は思い切って、環境を変えてみましょう。

いじめを機に職場を変えることも立派な選択肢です。

しかし!転職をする際には、なぜ自分がいじめられたのか。

自分に何か落ち度はなかったのか、しっかりと自己分析を行うことが

非常に重要です。

様々な選択肢をじっくり考えて、最善の選択をしてみてください。

この記事の投稿者
猫のみーちゃん

投稿者:d9

ゴルフ大好き中年サラリーマン。

副業ブロガーを目指して奮闘中。

お酒と猫をこよなく愛する男。