転職は3年働いてからという考え方はもう古い!【転職ノウハウ】

今の時代、3年継続することよりも早く決断できることが求められます

転職するにあたって、3年間は働いてからと聞いた方のある人も多いと思います。

現在の転職シーンでも同じことが言えるかというと、少しづつ考え方は変わってきています。

3年働くことが必ずしも求められていない今の転職市場を理解しておきましょう。

そもそもなぜ3年働くべきと言われているのか

親や友人から聞いたり、一般的に言われているから何となく3年働いた方がいいと思っている方は多いと思います。

3年働くべきと言われている理由はさまざまですが、以下のような理由が考えられます。

3年働くべき理由

・3年くらい働かないと、入社した会社の全容が分からない

・自分に合っているかどうか、3年ほど働いてみないと分からない

・仕事のノウハウを身につけるには、ある程度経験が必要になる

・少ない年数で転職すると、仕事が続かない印象を持たれてしまう

知識・経験面で最低でも3年は必要という考え方や、転職時の印象を気にして3年は働く方が良いとされて来たようです。

広告

実際の転職では3年が重要視されるのか

転職を考えているが、3年経っていないから… そのように考えている方も多いと思います。

実際に転職するにあたり、3年の経験は重要視されるのかを紐解いていきましょう。

3年働いた方がいい理由

・専門知識が身につく

・転職後に長く働いてもらえる印象を与えられる

・自分の中でその仕事が合っているか判断がつく

専門知識が身につく

専門的な職種の求人ほど、経験を重要視されます。

 例)プログラミング経験3年以上

専門知識があり即戦力として求人をかけている企業があることは事実です。

長く働いてもらえる印象を与えられる

3年以上働いていることで、雇ってもすぐには辞めないという印象をつけることができるため、

転職先の企業に良い印象を与えることができます。


ただし、最近の傾向として、勤務年数より個人のスキルを見る企業も増えており、必ずしも3年が必要というわけではありません。

転職回数が多く、職歴が1年前後で転職を繰り返している人は注意した方が良いですが、それでも面接でしっかり対応できれば採用される確率は上がります。

今の仕事が自分に合っているか判断できる

長く働いてみなければ、その仕事が自分に合っているかどうかがわかりません。

これも人によって分かるまでの時間はさまざまですが、実務を始めてから少なくとも半年は判断をつけるのは難しいでしょう。

3年働かなくてもいい理由

・志望動機がはっきりしている

・最低限のビジネスマナーが身についている

・心身の健康を損なうような環境で働いている

志望動機がはっきりしている

スキル習得のスピードは人によって異なります。

必ず3年間働く必要はなく、志望動機がはっきりしていて、短い年数でスキルを身につけられたことをアピールすることができれば内定をもらうことは可能です。

一定の成績を残していたり、資格を取得していることなどを絡めれば、うまくアピールできるでしょう。

ビジネスマナーが身についている

転職する際、一番重要視される点はビジネスマナーです。

入社後数ヶ月はビジネスマナーについて教育があると思いますが、転職先で同じ教育を省けることを考えると

その分業務に取り掛かる日程を前出しすることができます。

心身の健康を損なう環境で働いている

長時間労働やサービス残業、パワハラなど、自分が健康的に働くことができない環境で働いている人は

今すぐにでも転職しましょう。

そのような環境に長年身を置いておくと、健康を損ない、最悪の場合働けなくなることもあります。

まとめ

最近の傾向として、3年間働くことは必須の条件ではなくなってきています。

もちろん、即戦力の求人は多くありますが、経験年数が足らないから応募できないわけではなく、

自分が経験した内容を相手に伝えられるかが重要です。


現在の環境で3年働くことで、未来の自分の姿を想像してみてください。

もしその姿が、自分の望むものでない場合は、今すぐにでも転職活動を始めることをお勧めします。

この記事の投稿者

投稿者:まゃち

愛知県在住 30才独身男性

ちゃり丸blogのシステム担当

転職ノウハウを展開中

最近の悩み:円形脱毛症になりました^^;