メールが下手な上司とうまく付き合っていく方法【職場の人間関係改善】

メールが下手な上司とどのようにうまく付き合っていけばいいのか?!

今回はメールの使い方が下手な上司との付き合い方についてご紹介します。

よく、わかりにくいメールを送ってくる上司はいませんか?

そんな上司のもとでは、指示内容があやふやとなり、自身のストレスの元です。

この記事を読んで、そんな上司の特徴と、対処法を知って今後の参考としてください。

広告

この記事を読めばわかること

・メールが下手な上司の特徴がわかります。

・メールを打つ際気を付けることがわかります。

・メール下手な上司との付き合い方がわかります。

メールが下手な上司の特徴

メールの文章が感情的

メールの文章が感情的な上司です。

メールは文章の為、5W1Hを的確に、簡潔に書く必要があります。

しかしこのタイプは、怒りや、焦りなどを前面に出し、

実際の指示内容は薄いといったパターンが多くあります。

対処法

基本的には、1次的な感情の高ぶりでメールを出してきています。

そのままメール返信を行うと、更に状況が悪化する可能性がある為、

一旦時間をとってから、電話で上司に状況確認を行いましょう。

その際、確認後に簡潔に要点をまとめメールで返信をしておくと、

トラブルを回避できます。

相手に察してもらえると思っている

相手も内容はわかっているだろうからと、内容を省いて

書いてなくても察してくれるだろうと思う上司です。

基本的に、メールの内容は日々のコミュニケーションから、

細かいことは察してくれると考えています。

対処法

相手にメールの内容が不足していることをしっかりと

伝えるべきです。

このまま放置していてメリットはありません。

上司とのコミュニケーションが取れているのであれば、

柔らかく内容の改善を依頼しましょう。

メールの内容が分かりにくいですと直接伝えるのは絶対にNGです。

メール内容と、会話の内容に乖離がある

メールで送られてきた内容と会話した内容に乖離があるタイプです。

シンプルに文章力が無いため、相手に意図が伝わっていません。

このタイプは悪気がない分質が悪く、常に内容確認を

直接行う必要があります。

対処法

上司の文章力に起因する部分が多いため、

最善の自己防衛手段としては、直接会話で確認する事です。

会話の内容を覚書としてメール返信を行いましょう。

メールを打つ際に気を付けるべきこと

あなたか上記の上司のようにならないために、以下のことに気を付けて

メールを作成するようにしましょう。

5W1Hをしっかりとかく

「誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どのように」をしっかりと書きましょう。

いうまでもなく、ビジネスの基本です。

相手は何も知らないと思って書く

メールを書く際は、相手は何も知らないと思って書きましょう。

「これくらいは考えればわかる」という考え方は、非常に危険です。

相手がこのメールを見れば理解できるという文章を意識して、

簡潔に書くということがメールの基本です。

広告

上司の付き合い方とまとめ

メールの文章についての悩みは多くの人が持っていると思います。

また、この問題は相手が主体となっていることが多く、

自身の努力で改善することは非常に難しいテーマでもあります。

メールは手軽なコミュニケーションツールである反面、

誤解や、誤認が発生しやすく、円滑な業務振興の妨げとなり、

ストレスの発生原因の一つともなりえます。

そうならない為には、日ごろから上司と活発な意見交換ができるよう、

人間関係の構築がとても重要となることをしっかりと認識しておきましょう。

この記事の投稿者
猫のみーちゃん

投稿者:d9

ゴルフ大好き中年サラリーマン。

副業ブロガーを目指して奮闘中。

お酒と猫をこよなく愛する男。